葬儀の手順 会葬から納骨まで

葬儀の儀式は場所によってしきたりが違うようです。納骨までちゃんとしっかりやってあげたいものですよね。

NAVI

葬儀は納骨まで終了して一段落です。

葬儀の手順 会葬から納骨まで
誰かが亡くなるときって、いきなりのことです。いきなりのことでショックも大きいのに、実際は悲しみに暮れている暇もなく、葬儀やなんやとやることって次から次へとあるものです。人が必ず通る道だというのに、案外葬儀についての詳しいことって知らないものですね。結局、葬儀場もどこにしたらいいのか慌ててしまいます。葬儀って簡単にいえば、納骨までの儀式なんでしょうけれど、なくなった人のためにやっぱりちゃんとやってあげたいなあって思います。けれど、納骨ひとつとってもいろいろと実際は細かいしきたりがあるようで。

ちなみに、仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせて納骨式を執り行うようです。またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的なので、いずれか葬儀とはあらためて、納骨式を執り行うというのが普通のようです。場所としても、先祖代々の墓や位牌のある菩提寺で弔うのが一般的のようですが、最近は、お墓が遠方にあったり、すぐに納骨できるお墓がないなどの理由で、お寺や霊園にある納骨堂に一時的に預かってもらうということもできるようです。しかし、いずれにせよ、だいたい三周忌をめどに正式に納骨を行わないとなりません。最近は、遺灰は海にまいてほしいという人も多いようですが、場所によってそれが可能な場所もあれば、不可能な場所もあり、状況はさまざまなようです。でも、一般的にはやはりお墓に埋葬する人が多くて、現在では、遺体を火葬して遺骨を墓石の下の納骨室に骨壷ごと収めます。土葬は禁止されているところも多いようです。土地柄などにも関係するので、いろいろと複雑ですよね。

オススメのサイト

Copyright (C)2019葬儀の手順 会葬から納骨まで.All rights reserved.