葬儀の手順 会葬から納骨まで

葬儀から納骨までとその後の年忌法要までのお寺さんとの関係や親類縁者都の関係などを簡単に書いてみました。

NAVI

葬儀と納骨とその後の法要など

葬儀の手順 会葬から納骨まで
葬儀では、家族のショックが相当なものである場合が多いようです。長い間闘病生活を送った後のような場合は、心の準備もわりとできやすいのですが、昨日まで元気だったというような場合には、家族は頭のなかが真っ白になったりして、他の処理もなかなかできずに、葬儀関係の業者の言われるままに何が何だか分からないまま多くの費用を出してしまうこともあるようです。生きている人が後に残りますし、その後も生活をしていかねばならないので、できるだけ正当な葬儀や納骨を費用を含めて、していきたいものだと思います。また葬儀の費用の他にも担当していただいた僧侶にも支出が必要で、納骨の時にも来てもらいますので、その費用も準備しておく必要があります。

またその後も年忌法要というものを何度もする必要がありますので、その時のためにもお寺さんとは、良い関係を持っていなければなりません。そのような諸々のことが供養ともなりますので、一人の人がただ亡くなるということだけの問題ではないということになります。長い間この世に住んでいた場合は、とくにいろいろな因縁もあることと思います。供養とはそのようなことすべての精算の儀式でもありますので、できるだけ故人が安心するような進め方が必要です。葬儀の後の納骨の場合も納骨しやすいような人準備ができていると気持ちも落ち着きますので、故人も安心するでしょうが、残された家族もそれだけ肩の荷が軽くてすみます。またそのような儀式に神経質な親類縁者がいる場合はとくに注意が必要だと思います。

オススメのサイト

Copyright (C)2019葬儀の手順 会葬から納骨まで.All rights reserved.