葬儀の手順 会葬から納骨まで

葬儀の初めから納骨の終わりまでかなりバタバタで忙しくなります。とりあえず、納骨が終われば少しは落ち着けます。

NAVI

葬儀の最後は納骨で終わり

葬儀の手順 会葬から納骨まで
葬儀が始まると3日ぐらいはバタバタして忙しくなります。亡くなった時からもうする事がたくさんあるので、ゆっくりもしれられません。それは亡くなった後は、亡くなった人の身の回りの物や資金やと色々する事があります。部屋の中の整理はすぐにしなくても納骨が終わってから少し経ってからすればいいんです。けれど、現金はすぐに引き出さないと後では引き出せなくなります。なので、口座にあるお金は亡くなったらすぐに行く方がいいです。もし、整理してた時に違う通帳が出てきた場合は何十万あったとしても、もう引き出す事はできません。使えなくなってます。一番重要なのです。他の部屋の整理とかは葬儀終わってからでも出来ますし四十九日終わってからゆっくりと整理すればいいと思います。物とか衣類とかは別に、すぐ処分しないといけない事ではないのです。

納骨するまでには朝から夕方ぐらいまでかかります。それは供養するお経を読まれたりお焼香も何人何十人とする事になるからです。その後は、火葬場までの時間が早くても20分から30分ぐらいでしょう。その後、火葬場で火葬されるまで1時間ぐらいはかかります。そこから全員で骨を骨壷に入れてまた家やもしくわどこかで借りたホールでお経を読まれます。それからお墓に持って行きそこで納骨されます。なので、一日中移動したりするので、終わった時にはかなり疲れてしまいます。その後は、故人の部屋の整理をする事になるので、亡くなった人の家族はその後も忙しい日々が続きます。部屋の整理が終わっても近所の人達が来たりするのです。

オススメのサイト

Copyright (C)2019葬儀の手順 会葬から納骨まで.All rights reserved.