葬儀の手順 会葬から納骨まで

葬儀が終わっても納骨する場所がないとしても今ではお墓を準備する以外にも方法はあるので選べます

NAVI

葬儀が終わって一周忌までに納骨する

葬儀の手順 会葬から納骨まで
葬儀を終えてすぐにお墓に納骨する人などもいるようですが、一般的には四十九日をめどに一周忌までに納骨するものらしいです。それに今ではその家のお墓がないなどという事もあるようで集会式になっている納骨堂のようなところに納めたりする人もいるようです。アジアの国の中にはかなり昔からそういう形を取っていることが多いようです。日本でも最近はそういう風に納骨をしている人もいるようです。後はお寺さんの方にそういう納骨堂があるところもあるようです。確かにお墓の準備というのは家を買うなどと同じようにそれなりの金額を必要とするものだと思うので、なかなか先祖代々のお墓がないなら準備をしなくてはいけないものだけど急になくなってしまったりした場合には準備できなくてということもあると思います。

ただしその後にお墓を準備して納骨したいという場合もあると思います。その時の為にお寺さんに一時的に預けるという事も出来るようですからそういう場合には一般的な納骨の期限まで自宅に安置しておくかお寺さんや公営墓地などにお願いして納骨堂などであずかってもらったりするようです。どういう風に納骨をするかはその家の事情などもあるようですが供養する気持ちがあればお墓を準備してもしなくてお寺さんに納骨するかを決めればいいんじゃないでしょうか。納骨の仕方も今では選べるから出来る方法ですればいいんではないでしょうか。不景気がこういうところでも影響があるのではないかと思います。

オススメのサイト

Copyright (C)2019葬儀の手順 会葬から納骨まで.All rights reserved.