葬儀の手順 会葬から納骨まで

これからの葬儀の形式や納骨場所というのは、今までと違うスタイルになっていき、多様化していくでしょう。

NAVI

葬儀の形式、納骨場所の多様化

葬儀の手順 会葬から納骨まで
今までは、先祖の墓に納骨してもらう、先祖伝来の方法で葬儀が行われるというのが、当然の慣習でした。しかし、今は、そのことに抵抗を感じている人たち、伝統の葬儀が出来ない事情の人たちも増えています。偶像崇拝の国である日本は、墓にこだわりを持っていました。先祖や父母と同じ墓に、自分も入るのが当たり前だったし、そうすることが事実、可能でした。しかし今の時代になって、子どもがいない夫婦も増えてきて、子に自分たちの葬儀や納骨を頼むことが出来ない人たちも増えています。少子化にともなって、家族間のやりとりも減り、高齢者が増加して孤独死も増えました。そんな孤独な人間が死亡したときには、先祖の墓も世話する人がおらず、荒れ果て、行方知らずになっている場合が多いのです。

だから、最近では、先祖からの墓に執着せずに、他人と共に納骨されても良いので、後々まで他人が世話してくれる納骨堂に骨をおさめたいという方も増えています。墓のスタイルが変わり、血縁者といっしょでなくても骨を預かってくれて、後々まで面倒をみてくれるなら、管理してくれるなら良いとする人たち出てきたのです。これはある意味、社会の人口の変化によって、仕方のないことであると思います。また、聖書には偶像崇拝をしてはならない、とありますから、ある意味、仰々しい葬式を行ったり、高価な墓石を用意することは間違っていないということになります。社会の変化とともに、埋葬のしかたにも、個性が感じられるスタイルになり、それぞれが多様なエンディングを選べる時代になったのですね。

オススメのサイト

Copyright (C)2019葬儀の手順 会葬から納骨まで.All rights reserved.